蝙蝠駆除は専門業者に依頼を

日本で一番よく見られる蝙蝠はアブラコウモリで、体長5cmほどで小さな体が特徴です。

2cm程度の隙間があれば侵入できるので、暖かい住宅の天井裏などを巣にして棲みついてしまうことがあります。

蝙蝠は夜行性で、昼間は同じ場所で静かに過ごします。また、同じ場所に糞をする性質があり、天井に棲みつかれると糞が染み出してきたり、乾燥した糞が空気中に飛散する可能性があります。

糞には感染症を引き起こす細菌やウイルスが潜んでいるので、住人に健康被害をもたらす危険性が考えられます。住宅に棲みつくと住人に被害を与えかねいない蝙蝠ですが、蛾やゴキブリといった虫を餌としているため益獣として扱われます。

そのため、ネズミなどと違って鳥獣保護法により許可なく蝙蝠駆除することが禁止されているのです。蝙蝠駆除の専門業者は殺処理が許可されている場合もありますが、滅多に殺処理は行わず、生息範囲や侵入口などを十分に調査した後に追い出しを行います。

さらに蝙蝠が戻ってこないように、侵入口となる場所を塞ぎます。自分でできる蝙蝠対策としては、蝙蝠が嫌いな匂いや成分が入った忌避スプレーなどを使用し天井裏や倉庫から追い出します。蝙蝠が臭いを嫌って退去したのを確認してから、出入り口や侵入口となっている隙間をパテや金網など使って埋めていくことになります。蝙蝠駆除は素人では非常に難しく、被害に困った場合は早めに害虫・害獣駆除を専門とする業者へ相談しましょう。

ネズミ駆除の方法も調べましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です