ハクビシン忌避剤で農作物を守る

家の軒下や天井裏に住みついて我が物顔の様に走り回り糞尿をまき散らす害獣と言えば、ネズミにイタチやタヌキだけでなくハクビシンや最近ではアライグマも問題になっています。

特にハクビシンは植物を中心とした雑食性で学習能力が高く、一度住みつくと繁殖を繰り返し木登りも得意な事から農作物への被害も深刻となっているのです。

ハクビシン駆除方法は捕獲機やネットなども有効ですが、学習能力と警戒心も強い事から一度失敗すると駆除を成功させるのにはより手間暇がかかってしまいます。

捕獲機やネットもある程度までしか効果を期待出来ない事から、最近は新しい駆除方法としてハクビシン忌避剤の利用が注目されています。ハクビシン忌避剤はホームセンターでも購入する事が出来ますが、多くの忌避剤はハクビシンが嫌がるタール液やハバネロにハーブなどの臭いでハクビシンを追い払う効果を発揮します。

しかし最近忌避剤で最も注目を浴びているのは、天敵動物の尿を素材としている物でハクビシンだけでなく他の害獣にも有効だと評判になっているのです。殆どの野生動物は縄張り意識が強く、マーキングと言って自分の尿をふりかけで縄張りを主張します。その際に他の動物がマーキングしていないかを確認しているのですが、天敵と言われている狼の尿の臭いを確認すると命の危険を感じて2度と近寄らない様になります。

天然成分や刺激臭を配合した忌避剤はハクビシンが慣れてしまえば効果も無くなりますが、どの動物も持っているDNAに組み込まれた本能に働きかけるので効果は抜群です。

ハクビシン忌避剤を選ぶ際には、こう言った天敵動物の尿が含まれているの確認して購入すれば駆除の成功確率も上がります。ネズミ駆除もプロのチカラが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です