手軽にできるこうもり対策はスプレーが一番

こうもりは、夜行性のため、日中は洞窟などの暗がりに身を潜めています。

夕暮れ時になると、エサを求めて洞窟から飛び立っていき、ユスリカなどを捕食して生活しています。

とても素早く飛べるこうもりが、障害物にぶつからないのは、超音波を出して、跳ね返ってくる超音波により、物体との距離を測っているからと言われています。
こうもりは、人間が住む街にねぐらを移すものもいます。人間の居住スペースである家は、屋根裏など適度な暗闇があり、天敵もおらず、保温性も優れているため、絶好のねぐらとも言えます。

人間に害のあるユスリカなどを捕食してくれるため、益虫とも呼ばれるこうもりですが、体内にはさまざまな病原菌を保有しています。その排せつ物が人間の居住スペースにあれば、人間は吸い込んで病気になる可能性が高くなってしまいますので、こうもり対策が重要になってきます。こうもり対策は、専門のネズミ駆除業者に依頼することが望ましいですが、駆除料金は高額なものとなってしまいます。

自分で出来るこうもり対策としては、こうもりが侵入しそうな穴を塞ぐことが先決です。

約2cm程度の隙間があれば入り込むことができるほど、こうもりの身体は小さく軽いです。金網などで塞ぐことが望ましいですが、高所での作業を要するようになるため、しっかりとした足場や準備が必要となります。

手軽に行えるこうもり対策としては、こうもりが嫌がる臭いを出すスプレーが販売されていますので、穴や隙間に噴射しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です