ハト駆除の基本掃除をマスターしよう

ベランダにハトが住みついてしまったというケースは少なくありません。

ハトは場所への執着心が強い鳥で、1度安全と分かった場所に住み続けるという特徴があります。

多くのハトがベランダを住処にしてしまうと、鳴き声だけでなく糞尿の被害が広がります。ハトのフンや尿に含まれる細菌による、感染症も心配です。ベランダにハトのフンや尿を見つけたら、早めにハト駆除を行いましょう。

ハトは鳥獣保護法という法律によって、むやみに駆除する事は禁止されています。素人が自分で出来るハト駆除の基本は掃除です。ハトのフンや尿が落ちているとニオイで集まってきやすく、また安全な場所だと認識させてしまう事に繋がります。

このような事もあり、ハトの駆除には掃除が必須です。ただ、普通にベランダを掃除してしまうと、フンや尿に含まれる細菌に感染してしまうかもしれません。

フンや尿を掃除する時は、必ず手袋かマスクを装着しましょう。掃除は風が弱い日に行うのがベストです。

風が強い日に行ってしまうと、乾燥したフンが舞い上がりやすくなり、吸い込んでしまう恐れがあります。

乾燥しているフンは少し湿らせる事で、舞い上がりを防げるのでおすすめです。

フンや尿を掃除した後は、エタノールスプレーや次亜鉛酸ナトリウムを配合した消毒液で、消毒するのも掃除のコツとなっています。水で洗い流したり、糞尿を取り除いただけでは細菌まで対処できません。しっかり消毒するのも、掃除のコツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です