棲みついた場所に執着、追い出し困難なこうもり対策

日本に生息するこうもりは、約35種類。住宅地をヒラヒラ飛んでいるのは、一般的にアブラコウモリとよばれる種類です。

蚊などの害虫を食べてくれる益獣の面もありますが、家の天井裏などに棲みつかれてしまうと、大量の糞にひそむ病原菌、ダニやノミなどの被害は深刻なのです。

こうもりは鳥獣保護法で保護されているので、むやみに捕獲したり、殺すことはできません。こうもり対策は、家から追い出して侵入口を塞ぐ必要があるのです。こうもりは狭いすき間から屋根裏やシャッターボックスに侵入し、薄暗い軒下にも入り込みます。臭いに敏感なこうもりには、ハッカ油が主成分のこうもり忌避スプレーが効果的、害虫駆除用くん煙タイプの忌避剤は屋根裏に潜むこうもりにも使うことができます。

床下のこうもりには、蚊取り線香も有効です。使う場合は、燃えやすいものをそばに置かないように、注意が必要です。専用忌避スプレーを、こうもりが潜んでいるシャッターのすき間などから噴射すると逃げ出していきますが、臭いが薄れてしまうと、場所に執着するこうもりは戻ってきてしまうのです。こうもりが戻ってきたら再びスプレーして、こうもりにとって居心地が悪い場所と覚えさせるのです。

そして、侵入口を塞ぐのですが、侵入口の構造によっては、完全に塞ぐことが難しい場合もあるのです。

ほとんど目が見えないこうもりは、超音波を出すことで障害物を感知して飛び回ります。そのため、強力な磁力を発する磁石を置くと、侵入を防ぐ効果があると言われます。また超音波を発生する装置も、こうもり対策に有効とされています。こうもりを追い出したら磁石や超音波装置で、侵入を防ぐこうもり対策をおこないましょう。

屋根裏などに大量に棲みつかれてしまったときには、追い出すのも大変ですし、大量の糞や消毒などの処理は難しい場合があります。手に負えないと判断したら、専門の業者に相談してみるのも手段のひとつです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です