ハト駆除は早めの段階で行うことが大切

ハトがマンションや一戸建てのベランダを気に入り、そのまま棲みついてしまうことがあります。

ハトは決まった場所でフンをする習性があるため、棲みつかれるとベランダはフンまみれになり、非常に不衛生な状態に陥ります。

ハト自身もクリプトコッカスなどの病原菌をもっています。ベランダ付近にハトが出入りするようになった段階で、速やかに対策をとりましょう。

ハトは執念深い性格をしており、棲み処と定めた場所には異常なほど執着します。そのため、効果的なハト駆除を行うには早い段階で対策する必要があります。

ベランダに多数のフンが落ち、営巣しているような場合は、自力でのハト駆除対策は諦め、専門業者に依頼した方がいいでしょう。ハトの姿をよく見かけるようになったら、ベランダをこまめに掃除するようにしましょう。

プランターや段ボールなどの荷物もすっきり片付けましょう。

人間の姿を何度も見かけると、ハトは安全な場所ではないと判断して、出入りを諦めることがあります。

それでも出入りするようなら、ハト駆除用のグッズとして、ちくちくした針のついたマットやカラスの置物、ジェルやスプレータイプの忌避剤などがあります。どれもホームセンターやネットで簡単に購入できます。

ただし、効果がどれだけあるかは疑問です。最もいいのは物理的に遮断することでしょう。可能であれば、防鳥ネットを隙間なく張り巡らせ、ハトが中に入って来れなくしましょう。少しでも隙間があるとそこから無理やり侵入するため、上部も下部も横も隙間なくぴっちり止める必要があります。しかし、景観を損ね、外の景色が見づらくなるというデメリットがあります。

またマンションなどではネットの使用を禁止しているところもあります。自力で対策してみて、どうしようもないときは、駆除専門業者に依頼することも検討しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です