いろいろな鼠退治の方法

鼠退治でよく使われるのが粘着シートです。鼠がシートに踏み込むと、手足が粘着シートにくっついてしまって身動きが取れなくなるというものです。

これは上手く設置すれば、けっこう鼠を捕えることができて便利です。

しかし、捕えた鼠を処分することに抵抗を感じる人も多いです。鼠が生きたままシートに貼りついている場合も多く、処分する際に激しく動いたりする場合もあります。

それが気持ち悪くて耐えられないという人もたくさんいます。ですから、粘着シートは、そういうのにあまり抵抗を感じない人に向いているといえます。

生きている鼠は見たくないという人は、毒エサをまいて鼠退治をする方法がおすすめです。

毒エサを食べた鼠は、すぐに死んでしまうので、自分の手で最終処分をする必要はありません。

それでも死体を片付けないといけないので、それに抵抗を感じる方も多いです。

また、毒エサを食べた鼠をすぐに発見できればいいのですが、死後何日も経ってから発見すると、ウジ虫などが大量に湧いていてちょっと凄いことになります。鼠を最終処理したり死体を片付けることに嫌悪感を感じる人は、超音波を使って鼠退治をする機器を使うのがおすすめです。

超音波機器は、鼠を完全に抹殺するというわけではなく、単に鼠が嫌がる音を出して退散させるというだけですが、家に置いておくだけでいいという手軽さが魅力です。

設置しておけば鼠が家から出ていくので、鼠を最終処分したり死体を片付けたりする必要はなく、とても楽に鼠退治ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です