効果的なこうもり対策

開け閉めしていないシャッターの雨戸や屋根裏などに、こうもりが侵入して住み着いているケースが少なくありません。

中には、屋根裏に100匹以上も住み着いていたということもありますから、早期に発見してこうもり対策をとる必要があります。

家に住み着くこうもりはイエコウモリとも呼ばれるもので、体長5センチ、重さ10g程度とかなり小さいため、小さな隙間からも侵入してしまいます。こうもりの被害は、糞尿などの悪臭だけではなく、さまざまな菌を保有していますから、感染症の危険性もありますし、ノミやダニも寄生していますから、二次被害を受ける危険性もあります。

そのため、できるだけ早くこうもり対策をとる必要があります。効果的なこうもり対策として、超音波があります。

屋外ではあまり効果が発揮されませんが、屋根裏などの室内に設置することで、追い出すことができますから、おすすめです。

また、シャッターなどには、こうもりが嫌がるスプレーを噴射することで、追い出すことができ、寄せ付けなくさせることができますから、効果的です。ただこうもりは、鳥獣保護法の対象となっていますから、勝手に殺したり捕獲することはできませんから、できれば業者に依頼して追い出してもらう方がよいでしょう。業者に依頼する場合には、再度戻ってこないように、侵入経路を重点的に調査してくれる業者に依頼しましょう。一度追い出しても、きちんと穴を塞がないと、根本的な解決にはなりませんから、注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です