効果的にカラス退治を行う方法

カラスは、繁殖期以外は群を作って行動をし、大きなねぐらには数百匹以上も集まるため、鳴き声による騒音被害などが問題となります。

また、都会ではゴミを漁ったり、送電鉄塔や電柱への営巣による停電など、さまざまな問題が起こっています。

カラスの被害を防ぐためには、物理的にカラス除けネットを設置したり、テグスを張り巡らせる、カラスが見慣れないものを設置するという方法が効果的です。

カラスというのは、人間が作り出した環境と廃棄物をうまく利用して繁栄している生き物で、学習能力と記憶力が高いため、餌のある場所を何10カ所も覚えていますから、複数のゴミ収集所で被害を受けることになります。

こういった被害を防ぐカラス退治法としては、まずはゴミ出しのルールを守って、
収集場所に不適正なものが残されていない状態を、常に維持することが大事です。

また、決められた時間、決められた方法できちんと利用者全員が行うことが、カラス退治には重要です。

よく、ゴミにカラス除けのネットをかけているが、効果がないという話も聞きますが、これは、ネットに隙間があって、
そこからカラスが侵入してしまったり、風でネットがめくれてしまうという場合がおおいので、おもりをつけてネットがめくれないようにすることが大事です。

カラス退治を行うには、カラスの習性をよく知ることが大切です。

鳥獣保護法によって捕獲や駆除が禁止されていますから、追い出したり寄せ付けなくさせることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です