野良猫退治はどうやるのが効果的?

糞尿被害など、人間の生活に悪影響を与える野良猫に悩まされている方は全国にたくさんいます。

野良猫と人間との戦いは昔から続いていることであり、現在に至るまで様々な野良猫退治方法が提唱されてきました。ここでは、昔ながらの野良猫退治法と現代の市販のグッズを用いた退治法、そして行政を活用する方法を紹介します。

まず、昔ながらの野良猫退治法としては代表的なのが水を入れたペットボトルを庭先に並べる方法です。乱反射する光を猫が嫌がるから効果があるとされていますが、実際には猫はすぐにその光に慣れてしまうので効果はありません。また、コーヒーや柑橘類の匂いを嫌がるのでそれらを庭に撒くと効果があるとも言われていますが、こちらも多少の効果はありますが肝心の匂いがすぐに飛んでしまうため、効果はありません。

次に市販されている方法ですが、大きく分けて猫が嫌がる薬剤、超音波、水を用いる3種類のものがあります。薬剤タイプのものは2週間程度効果が続くものもあり、価格も安いので始めて野良猫退治を行う方にお勧めです。超音波式または水噴射式の装置は高い効果が長期間期待できる一方、価格がそれなりに高いので、薬剤タイプを使用したけれども効果が低かった場合に使用するとよいでしょう。

最後に行政を活用する方法についてですが、野良猫退治のために利用できる行政機関は保健所もしくは動物保護センターです。これらの機関は野良猫の捕獲はしてくれませんが引き取りはしてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です