こうもり対策を行う時の注意点

こうもり事態は毒やウイルスをもっていませんが、野生の動物ですから雑菌も多く保有、ノミやダニも寄生していますから、人間にも二次被害を与える可能性があります。

そのため、
こうもり対策を行う必要があります。

家に侵入するコウモリは、通称イエコウモリと呼ばれるアブラコウモリで、1センチ程度の隙間があれば、侵入することができますから、知らない間に屋根裏に住み着いていたというケースも少なくありません。

特に、夏場は繁殖期ですから、数が増えてしまいますし、鳥獣保護法によって、駆除や捕獲が禁止されていますから、個人で駆除することはできません。

そのため、こうもり対策としては、家から追い出したり、寄りつかないようにするしか方法はありません。

最近は、ホームセンターなどでも忌避剤や超音波などのこうもり対策グッズが販売されていますから、そういったものを活用してみるのが一つの方法です。

数が少なければ、忌避剤や超音波も有効な方法ですが、数百匹もいるような場合は、個人で対策をとるよりも、専門の駆除業者に依頼した方が効果的です。

ただ、コウモリは安全だと思うとまた戻ってきますから、侵入経路を完全に塞ぐことが大切です。業者に依頼する場合は、事前に侵入経路を重点的にチェックしてくれるかどうかを確認してから選ぶとよいでしょう。

せっかく、追い出してもまた侵入されると意味はありませんから、定期的に忌避剤などをまいて寄せ付けないようにすることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です