カラス退治で仕返しされるリスクを減らす対応

カラス退治は素早く的確に済ませることが大切になり、失敗してしまうと被害が拡大する恐れがあります。

カラスは頭がいいので、いろんな行動を起こしますが、
その中でも厄介などが餌をあさることといたずらをすることです。

畑に植えられた野菜の実がなると目ざとく見つけて持って行ってしまったり、花が咲いたときにくちばしでもいで落としたりしてしまいます。

巣作りのために、いろんなものを持って行ったりすることもあります。

子育てしているときにカラス退治に失敗してしまうと、人間に襲い掛かるようになる可能性が高いです。

複数人が通るような道路などの場合、慎重に対応する必要があって子育てが終わるまで待ったほうが安全な時もあります。ほかの場所に巣があって、畑や庭を荒らしに来るようなカラスには、水を放水したり音を鳴らすなどのやり方があります。

人に水をかけられた姿を見ていると仕返ししてくることがあるので、センサーが反応して水をまいたり音を出すカラス退治グッズを活用したほうが安全です。荒らされる場所には、網目の細かいネットを張って侵入を許さないようにすることも大切です。何もできなければ、面白い場所や簡単に餌をとれる場所に移動していってくれます。

カラスは縄張りがあるため、一度追い払ってもまた戻ってくる可能性が高いですから、ネットなどは一度張ったら、そのまま維持するか収穫が終わるまで設置したままにするのがよいでしょう。

蛇のおもちゃは咥えて持って行ってしまう可能性があるため、怖がらせることはできません。本物そっくりのフクロウやタカ、ワシなどのおもちゃであれば設置しておくと嫌って近づかなくなる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です