野良猫の習性と野良猫退治方法の種類

野良猫は街中で見かけると心を癒してくれる存在ですが、自分の家の敷地などがその縄張りの一部と認定されてしまうと糞尿や鳴き声などに悩まされることになります。

野良猫は一般的に1匹あたり半径50メートルの範囲を縄張りにすると言われており、その縄張りを維持するために毎日糞尿でマーキングをしながら見回りをし、見回りの途中で見知らぬ猫を見つけると追い払うために喧嘩を始め、けたたましい鳴き声をあげます。

野良猫の被害は特に庭付きの一戸建ての家で顕著です。それは、野良猫が同じ場所でマーキングのために糞尿を繰り返す習性があるからであり、庭が一度マーキングする場所にされてしまうと猫の糞尿まみれで悪臭を放つことになります。このような被害を防ぐためには、一度縄張りの一部と認定された場所を猫に解除させることが必要です。

そのための野良猫退治方法には色々な種類がありますが、数ある中でも効果があると定評があるものを紹介すると、猫が嫌う臭いを発する薬剤を用いる方法、猫が嫌う超音波を発する装置を用いる方法、そして自動で水を噴射する装置を用いる方法の3つとなります。

薬剤を用いる方法は商品1つあたりのコストが低いメリットがある一方、効果が数週間で切れるというデメリットがあります。超音波を使う方法は人間には気付かれず影響も与えないメリットがある一方、超音波を聞き取りにくくなる一定年齢以上の猫には効果が薄くなるデメリットがあります。

そして、水噴射式の装置は猫が本能的に嫌う水を使うので効果がてきめんであるメリットがある一方、人の目につきやすく、また作動音が少々大きいといったデメリットがあります。それぞれのメリット・デメリットを比較した上で自分の状況にあった野良猫退治方法を選ぶのが野良猫退治を効果的に行うポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です