簡単にできるこうもり対策

日本で一番多く見られるアブラコウモリは、体長5センチ程度の小さいこうもりですから、小さな隙間から家の内部に侵入して、天井裏などに巣を作ることが少なくありません。

こういったこうもりの被害は、日本全国でみられ、冬は冬眠し、春から秋に活動が活発になっていきます。

特に、夏はこうもりの繁殖期で、住宅の中に住みつき数を増やしていきますから、気が付いた時には天井裏に100匹以上ものこうもりが住み着いていたというケースもあるほどです。

また、こうもりにはノミやダニなどが寄生していることが多く、二次被害を与えることも少なくありません。

こうもり対策としては、なによりも家の内部に侵入させないことが大切です。2センチ程度の隙間からでも侵入することができますから、侵入経路となる穴を塞ぐことが大切です。

また、家に寄せ付けないように、超音波を発生する忌避材を使用するのも、こうもり対策には有効な方法です。日本に生息するアブラコウモリは、一度住処と決めてしまうと、駆除しない限りずっと住み続けてしまいますから、気が付いた時には、早期にこうもり対策をとることが大切です。

ただ、こうもりには、多くの菌が付着していますし、手で触れただけでも感染症にかかってしまう可能性もあります。

また鳥獣保護法によって、無許可で殺処分が禁止されていますから、駆除する場合は、専門の業者に依頼するようにしましょうまた、侵入経路は素人ではなかなか発見することが難しいので、経験豊富な業者に探してもらい、確実に塞ぐことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です