追い出して侵入を防ぐ、こうもり対策

こうもりは天井裏や雨戸のすき間から住宅に入りこみ、棲みついてしまいます。

糞には多くの細菌や寄生虫がいるため、子どもやペットがいる家庭はとても危険です。

こうもりは害虫を食べる益獣の面もあることから、鳥獣保護法の対象なのです。むやみに捕獲することはできないので家に入りこんだこうもりは追い出し、侵入を防ぐこうもり対策を行いましょう。

こうもり対策で重要なのが時間です。こうもりは夕方頃から巣を出て虫を補食するため飛び回り、昼間はねぐらに戻って休むのです。こうもり対策は、巣から出ていく時間帯におこないましょう。

ねぐらから追い出すため速効性があるのが、こうもり専用の忌避スプレーです。煙を嫌うため害虫用のくん煙タイプの忌避剤でも、追い出すことができます。こうもりがねぐらにしている、雨戸や軒下、通風口などに噴射しましょう。

こうもりが慌てて飛び出して行ったら、侵入経路をパテや金網で塞ぐのです。

こうもりを家に近づけないこうもり対策も大切、こうもりの餌になる家の周囲の虫を減らすことで、家に飛んでくるこうもりを減らすことができます。水が入ったバケツなどを放置しておくと、ボウフラが発生して蚊が増えてしまいます。

水が入った容器は撤去し、ゴミも適切に処理してハエがわかないようにしましょう。目がほとんど見えないこうもりは、障害物を確認するために超音波を出しながら飛んでいるので感覚を狂わせる、磁石を避けるといわれます。

軒先に吊すしておくことで、侵入を防ぐことができるのです。光を反射する、CDやアルミのホイルも効果があるといわれています。家が古く、侵入口を防ぎきれないという場合には、超音波を発生させる機器も効果が期待できます。こうもりの侵入口付近に設置しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です